*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散髪
今日は、息子を妻の実家に送るため、ドライブ。
サンタにもらったipodで音楽を聞きながらの小旅行です。
何回も通った道なので、退屈しのぎにシリトリをしながらです。

成長に従って語彙が増えていくので、それを確認するのが、なかなか面白いですなあ。
「志賀潔」やら「ツンデレ」やら混ぜこぜになりつつ港に到着。
ちゃんと旅立って行きました。

ずっと行けずにいた散髪にやっとたどりついて、一安心。
なじみの散髪屋さんは、心がなごみます。
日記に書いている妻との苦労話をすると慰めてくれたり、笑わせてくれたり、いい感じになりました。

散髪屋に行くといつも思い出すのは、イギリスのことわざ。

一日幸せに過ごすには散髪を
 (誰もが注目するから幸せになれる。でも一日だけ)
一週間幸せに過ごすには結婚を
 (結婚生活は最初の1週間の繰り返し。このあたり重いです)
一ヶ月幸せに過ごすには家を立て
 (家具なんかを揃えて生活を軌道に乗せるのは一月ぐらいかも)
一年幸せに過ごすには馬を飼い
 (イギリスのことわざだから、さしずめ車でしょうか?)
でも、一生幸せに過ごすには「正直に生きること」

ふう。正直に生きてるのになあ、どのあたりが幸せなんだろう。

1日幸せでいたい者には理髪店へ行かせ、1週間幸せでいたい者には妻を娶らせ、1カ月幸せでいたい者には新しい馬を買ってやり、1年幸せでいたい者には新しい家を建ててやり、一生幸せでいた者には正直者でいさせよ。
Let him that would be happy for a day, go to the barber; for a week, marry a wife; for a month, buy him a new horse; for a year, build him a new house; for all his lifetime, be an honest man.
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。