*All archives* |  *Admin*

2009/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳島出張
予定通り徳島へ出張してきました。

JR徳島駅はとてもオシャレでした。
P1030621.jpg

JR松山駅にも頑張ってほしいものです。

仕事前の夕食は一緒に行った人と「阿波尾鶏」を食べに「一鴻」まで歩いて行きました。

私としては骨付きモモ肉は子のほうが柔らかくていいです。
久しぶりに食べた鳥のレバーも美味しかったなあ。

こういう楽しい事をきちんとしておかないとお仕事はうまくいきません。

徹夜作業は順調に終わり、一安心。

作業自体は5時に終わり、一旦ホテルで仮眠を取ることになったのですが、横になっているだけで眠れない。
朝風呂でも行こうと思って、昨日見つけた銭湯に行きました。
P1030627.jpg

こういう銭湯が街中に残っているところに郷愁を感じます。
P1030625.jpg

変更後の確認を終えて、徳島駅へ戻ってきました。
かなりヘロヘロ状態です。

お昼ご飯は駅前の「麺王」で徳島ラーメンです。
生卵をラーメン入れても、その卵がどこに隠れているのかわからなくなる独特の味がいいですね。

横になっていても、体の節々が痛くて眠れず、ボーッと起きていました。

明日は月末のルーティンワークをして、早く帰ろうかなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

明日から徳島出張
徳島県。
時間的に東京よりも遠いところにあります。
JRは遠回りなので、高速道路を使ったバスで移動です。

明日は移動だけで、明後日の0:00からお仕事。

それで、明後日の16:00頃にまたもやバスで戻ってくる予定です。

移動と徹夜だけで疲れてしまいそうですね。

それにしても、今日の相撲は良かった。

白鵬の出足をもろに浴びた朝青龍が左の引き手一本で勝負をひっくり返したのは見事でした。

何か元気をもらえたような気がします。

そんなわけで、明日の15:00ぐらいまでに会社に行けばいいので、暇です。
ひまつぶしに遊んでくれる綺麗なお姉さんいないかなあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

代の匠たち 技と美 第56回日本伝統工芸展
今日の日曜美術館は「現代の匠たち 技と美 第56回日本伝統工芸展」でした。

日本の工芸技術は、素材との調和を目指していると思います。
個の力の強い西洋の工芸とは異なり、素材と共存する工芸の世界が日本にはありますね。

他者との共存とか、素材の持つ個性を生かす物づくりの姿は、世界との共存を望む東洋の思想が色濃く反映されているような気がします。

藤嵜一正さんの欅拭漆刳貫稜線筥では、木目に応じて木を削る姿が映し出されていて、素材と対話しての物づくりの様子を垣間見ることができました。

林曉さんの乾漆蓮花食籠はCGを使って器の形を決め、手作業で漆を塗りこんでできた作品です。
人が使うことを前提とした工芸作品は人の手に触れることが前提です。
人間の手作業を介しての工程を大事にしているところがいいと思います。

沢山の工芸作品が出品されていて、それぞれの作品に作者の思い入れがあるように思います。
それぞれの作品に触れられてたらいいと思います。

来年の正月には香川県に巡回してくるようなので、でかけてみたいと思います
第五十六回 日本伝統工芸展 受賞作品一覧

テーマ : 工芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

世界は分けてもわからない


生命活動はある一部を取り出してその部分を細かく調べてみるとその部分のことはよくわかる。
でも、他者とのつながりや、全体あっての部分という役割は見落としてしまう。

そういう事例が切々と書かれています。

捏造事件についても、ある一方向からの物事の捉え方で突き進むと、事実を正しく把握することから逸脱していても気付かないことを教えてくれているような気がします。

本全体として、「世界は分けてもわからない」と言いたいことは伝わるのですが、芸術や実験等の様々な分野への考察があるので、ちょっと分かりにくい本のような感じも受けます。

そうやって「分けたからわからない」のかなあ。
それなら、作者の意図通りということになりますね。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

ちひろも漱石も~コラボレーション・絵画と俳句~
今日の日曜美術館は「ちひろも漱石も~コラボレーション・絵画と俳句~」でした。

夏目漱石が絵を書いていたなんてちょっと意外な感じがしました。
筆を使うと日本画風になりますねえ。
モチーフは西洋のものもあったり、もちろん日本のものもあったりで、バラエティに富んでいました。
視覚的イメージと理念的なイメージが融合するもよし、
詩とはかけ離れたイメージの絵と合わせても、何らかの観念のつながりがあれば、それなりの広がりを持った作品になるみたいです。

いわさきちひろさんの絵は、詩と同じように、表現を極限まで削って、世界を描いている。
短くて省略された輪郭線と絵の具のにじみで表現した色使いだけで、子供のやわらかさを表現しているのは素晴しい。

省略してあるから、隙ができ、見る側が入り込んでいける。

それは、俳句も絵も一緒なのかなあ。
確かに細密に描かれている絵は窮屈ですね。

タダ眺めてみたのでは、理解しえない絵の深みも、きちんと解説をしてもらうと、理解できたような気になりますね。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

ジュンク堂書店
P1030585.jpg
今日、ジュンク堂書店が開店しました。

紀伊国屋書店があったフロア全部を使って新たな本屋さんが進出してきたのです。
マンガとかDVDとかが置いてあった紀伊国屋書店とは違って、一階以外は全て専門書売り場という感じです。
撤退前の紀伊国屋書店に比べて、店員さんが沢山いて活気がありました。
本はやはりペラペラめくって見ないと安心して買えません。
特に高い専門書は外れを引くと損失が大きいですから慎重になります。

棚の上から下までぎっしり本が詰まっていて、ちょっと窮屈な感じがしますが、品揃えから見ると紀伊国屋書店よりも充実していたように思います。

昔読んだ本があるかちょっと確認しました。
・いやな気分よさようなら
 ちゃんと認知療法のところに並んでいました。
 認知療法の本も増えましたね。
 心理関係の本もずらっと並んでいたので安心です。
・法句経講義
 私の父親が生まれた年に発刊された本で文庫本になっている本なのでですが、ちゃんとありました。
 でも値段が1200円もします。文庫本なのに・・・。この頃、本が高くなりましたねえ。
・利己的な遺伝子
 刊行から30年も経つのに横置きしてあるのには驚きです。

そうそう、本業の方も忘れてはいけませんなあ。

・DHCP
 どこにもDHCPのフェイルオーバーを書いた本が無いので、ネット探して、本当にいい本なのかドキドキしながら賭けみたいな感じで買った本でした。
 軽く置いてあったけれど、仮想化技術の本棚にあったのはちょっといただけないかも。

いい専門書のお店ができて安心しています。

撤退されては困るので、当分本はここで買いましょうかねえ。

というわけで、前々から読んでみたかった
「世界は分けてもわからない」

を買いました。

お金を払うところは、1階と5階だけなのですが、各階の間にある階段にポスターが一枚も貼られていないのにはちょっとびっくり。
普通宣伝のポスターとか貼るのになあ。

開店間もないので、そこまで手が回らないのかもしれませんが、すっきりしていていい感じでした。
ポスター見ながら歩くと危ないですから、そういうのもありなのかも知れません。

今もひっそり営業している紀伊国屋書店
P1030600.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

酒井法子さんの行く末。
会社でファイル転送を待っている間、構築をしている仲間と雑談しました。

「ノリピーは自伝を書いて、薬物被害の女性の自助グループのNPOでも作ればいいと思う」
という私の意見に仲間は賛成してくれました。

自分の失敗を正しく生かす生き方がいいなあ。

「そういうお手伝いをさせていただくなら、今の会社をさっさと辞めて、そちらに行きます。」
と言ってみたら

「それって、綺麗なお姉さんと少しでも仲良くなりたいってことですか?」
と鋭いつっこみが・・・。

気持ちよく図星を突かれたので
「そのとおりでございます。」
と答えると、マシン室に笑いの渦が。

それはともかく
「頑張れノリピー。」
こけてから、どう立ち上がるかが大事です。
人の価値はそこで決まると思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

東京出張
久しぶりに、東京出張して、久しぶりに飛行機に乗ったので、土曜日はごろ寝してました。

写真撮っていたのでupしました

P1030532.jpg
出発前の飛行機。
月曜日の飛行機は大きいのに、水曜日の飛行機は小さいです。

P1030535.jpg
羽田空港到着。
ここから長い距離を歩かなければなりません。ほとんどイジメですな。
昔はバスで運んでくれたのですが、そのときは燃料の匂いはするは、バスは揺れるはで大変でした。

通路を歩くようになってそれはなくなったけれど、出口が遠いのはいけません。
沢山ゲートがあるのですから、近くのゲートに入れさせてくれないのかなあ。

P1030540.jpg
鉄橋の下の長い通路を通る近道を行きます。
地震が来たら圧死かも。いやいや、構造物が単純なのでシェルターになって助かるかも。
そういうことは地震が来たらわかるので、近道ができることを素直に喜んでおきます。

P1030541.jpg
ただ、天井が低いので、ちょっと身をかがめないと通れないのが残念。
タクシーさんも天井すれすれと言う感じで通り抜けていきます。

P1030544.jpg
昔、なじみだった店が営業していないのは残念ですね。
あのおばちゃん元気でいるかなあ。

P1030550.jpg
仕事が終って、仲間と飲んで、たどり着くのはいつものホテル。
100円入れないと見れなかったテレビがタダで見えるようになっていました。
ちょっと進歩してました。

P1030553.jpg
目が覚めたときの窓です。
写真で見ると血塗られた感じで不気味です。やっぱりカーテンは青の方が好きですね。

早く目が覚めたし、天気も良いので、遠回りをして出勤。
なつかしの品川方面からアプローチします。

P1030556.jpg
改札を出たところで一枚。
久しぶりの人に酔う感覚。
こんなに人が働かないと日本は維持できないのかなあ。
確かに他人のことを無視していかないと前に進めないのはわかるのですが、
こんなに人が多いと、人間関係が疎遠になるのかなあ。
沢山の物が流通すると価格が下がるのが経済の大原則ですが、量にかかわらず変わらない価値があることも忘れてもらっては困ります。

P1030557.jpg
田舎では考えられない人の数。

P1030558.jpg
高いところは危険なことはわかっているけれど、高いものを作りたがる。
欲の深さがそうさせるのかなあ。
でも、ここは、昔のプロジェクトの人と初めて会った思い出の場所。
地図で見た場所と風景がこんなに違うものかと驚いた場所でした。

P1030559.jpg
とっても頑丈そうなビルだけど、窓から風は吹き込まない。
そんなところで仕事をして、いいものができるのかなあ。

P1030560.jpg
昔はできることなら近づきたくないビルでした。
ロゴが新しくなっていたけど、ロボットのような面影は変わってないですね。

このビルの前にちょっとした公園があるのです。

P1030561.jpg
昔、来たとき、人懐っこいスズメさんがいたのですが、今日は何処にもいませんでした。

P1030562.jpg
ここから、東京タワーが見えるのにはじめて気が付いた。

P1030565.jpg
ここで、綺麗なお姉さんを泣かせてしまったほろ苦い思い出が・・・。
でも、その人は、今はとっても幸せそうです。
世の中、何が縁でどう転がるかなんてわかりませんねえ。

P1030567.jpg
お仕事が終って、特別なときに行く青葉のラーメン屋です。

P1030568.jpg
650円の味は変わっていませんでした。

P1030569.jpg
夜遅くまで食料品を売っていて、お世話になったデパートも元気でした。


さすがに、2年も経っていると相当変わっているかなあと思ったのですが、そうでもなかったですね。

ホテルの人たちがみんな私のことを覚えていてくれて、声をかけて下さいました。
子供が元気に学校に行くようになったことを喜んでくれました。
そういう人と人とのつながりが大事だと思います。

体が感じる恐怖(例えば、高いところ、狭いところ、人の多いところ)があり、
それを我慢した上で得られる実利があるところが都会です。
効率の良い仕事だけがその利点なら、かなり困ったことのように私は思います。
都会はやはり寂しいところです。
人は多いのに、いや、人が多いから寂しい感じがするのかも知れません。

田舎で通勤すると、常に同じ人と出会います。
そこで会釈を交し合うのがいつものことなのですが、そういった他人との軽い交流が無いのが残念なのかも知れません。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

出張中
さすがに、毎週通っていた道なので、無意識のうちに出張先まで来てしまいました。

細かいところがかなり変わっていたのですが、誤差の範囲かなあ。

玉さんともう一人昔馴染みの人に会えたし、懐かしい声も聞けたし、たまに出張してきてよかったです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

出張
9/9水曜日~9/11金曜日にかけて東京方面に出張することになりました。

前に仕事をしていたビルの同じ階に行くんだけれど、久しぶりの出張なので道に迷わないかなあ。

ホテルはいつもの御徒町です。

知っている人に何人会えるかちょっと楽しみ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

垣根用アーリーコールミックス
秋に入って花の勢いが衰えるかと思っていたのに、多くの花が咲き続けるので驚いています。
P1030493.jpg


夏の間は、蔓を伸ばし、一枚の葉っぱに花一つと言う感じで成長していたのに、この頃は、蕾ばかりを沢山つけています。
P1030504.jpg

それで、葉が減っていたのかなあと思っていたのですが、今日葉の裏側を見てびっくり。
いもむしさん出現。
P1030496.jpg
エビガラスズメの幼虫が葉っぱを食べていたのでした。

葉の裏を見返すと他の葉にも3匹います。

そんなわけで、割り箸で物理的に排除しました。

午後、もう一度確認するとさらに4匹発見!
どこから湧いてくるんでしょう。

まだまだいるのかなあ。

アサガオって秋の季語だったのか。
知らなかった。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

山下菊二
今日の日曜美術館は「闇をえぐる眼 画家 山下菊二」でした。

はじめて見聞きする画家なのでなんとなくとっつきにくいです。
「あけぼの村物語」
という絵が代表作のようです。

「あけぼの村」でどういうことがあったのかがわからないと、この絵に書かれてある事柄が読み取れません。

それよりも、植物と人が一体に書かれてあったデッサンの方がよほどシュールな感じがしました。

人と物との境界が別れているようで別れていない。
そういう印象を植え付けているのが戦争体験による心の闇の部分というのがなんとなく伝って来て、こちらのほうが心象風景をうまくあらわせているような気がします。

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。