*All archives* |  *Admin*

2009/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーギャン
今日の日曜美術館は「ゴーギャン」でした。

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか


西洋人らしい生と死、野生と理性といった対比の葛藤の世界が描かれています。
東洋人にはこういう絵は書けないですね。

我々は、人々の中で生まれ、子孫を残したり、仕事等を通じて何かを残して、やがて肉体を構成する実体が環境に溶け込んで消えてしまう。

そういう世界観は仏教やヒンズー教等の輪廻や多元的な世界を基本思想とする東洋人にはわりと容易に受け入れられる考え方で、ゴーギャンのように悩む必要は無いと思います。

いかに周囲の環境が明るくても、自らの心が暗くなってしまうと絵も暗くなりますね。
仕事で認められず、最愛の娘も亡くなり、楽園を求めて遠い異郷の地まで来ても、受け入れられないととなると、自分の考えを絵に残しておきたい気持ちが湧き出てくるのが自然なのかも知れません。

文明からも野生からも分離している現代人がそのいずれにも一体化できずに混沌と生きている情景を映し出すから、この絵は多くの人の共感を得るのかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

走り続ける?
月に一度の整体に行きました。

下半身の筋肉が固まっているらしく、腰や足の筋肉が悲鳴を上げていました。
お盆休みから、運動を止めてしまっていたため、固まってしまっているらしい。

「ハムスターみたいに走り続けないと駄目かもね。」
と子悪魔先生がニタリと笑います。

「普通、休むと筋肉緩んで柔らかくなるのでは?」
と聞くと
「昔、激しく運動していた男の人は、逆に固くなることがある」
とのこと。

そんなの嫌だ。

楽したら、楽になりたいなあ。
楽したら、痛いなんてあんまりだあ。

でも、今日は、脇の下のリンパ腺ははれていなくて、それはよかった。

やっぱり走り続けないといけないのか・・・。
難儀なことでございます。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

四国カルスト(笠取山と姫鶴平)
妻が友達と遊びに行くと言うので、私も負けじとお出かけ。

天気がいいので、息子を誘ったのですが、「行かない」と言うので、一人旅です。

ああ。助手席に綺麗なお姉さんいてほしいなあ。

それはともかく、今日はあまり気温も上がらないみたいなので、四国カルストあたりを攻めることに・・・。

P1030418.jpg
大川嶺の手前から望遠を使って石鎚山をアップ


笠取山は大川嶺よりも若干高い山で、ふもとまで車で行けます。
離合もできない細い道なのでちょっと覚悟がいりますが、バイクのお兄さん達が結構来ていました。

P1030425.jpg
笠取山頂上から見た石鎚山方面です。


P1030432.jpg

ススキはまだまだ赤いですね。でも、もうすぐ秋です。
イヨフウロの花も咲いていました。

タテハが数匹風に舞って飛び、ツバメもひゅんひゅん飛び回っておりました。
自然の景色はいいですなあ。

P1030430.jpg
遠くの山並みには風車が見えます。
この頃、何処にでも風車ができてますね。

すがすがしい風を堪能したので、姫鶴平にも足を伸ばしました。

P1030442.jpg
やっぱり天狗荘までは行かないといけません。
愛媛県側の車が私のFIT君。
朝からクーラ使ってません。充分涼しいし、節約節約。

ここの、天狗そばは525円でお手ごろです。

P1030444.jpg
笠取山からみた風車は、姫鶴平の風車だったようです。

P1030445.jpg
牛さんも元気でした。

P1030453.jpg
姫鶴平のソフトクリーム300円は本当に濃厚な味がしました。
今日は物凄く人出が多かったらしく、売店のおばちゃんは頑張っていたようです。
昨日は140人分のバーベキューをしたらしく、お肉も売り切れだったとか。

P1030456.jpg
大野ヶ原まで足を伸ばすと、干草を運んでおりました。

充実した1日でした。

今、花火の音が聞こえています。
そういえば、雨で三津浜の花火大会は延期になったんだったっけ。

もうすぐ夏も終るのかなあ。
もう少し、残暑が合ってもよかったかも。

結局、綺麗なお姉さんと知り合いになることも無く、夏が終ってしまうのが、ちょっと残念。

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

緑とおにぎりとアートの里 妻有トリエンナーレ
今日の日曜美術館は「緑とおにぎりとアートの里 妻有トリエンナーレ」でした。

廃校になった学校に美術作品を作ったり、空き家にアートを作り込んだりしていました。

「モニュメントとしての学校」
「過去の生活の残照」

というだけのアートだと、侘しさや寂しさだけが伝わって来る感じなのですが、妻有トリエンナーレはアートを囲む地域の人たちがとても明るくて元気です。
ああいうところなら行って見たいなあ。

元気をもらえそうです。

お米を糸で吊るしている作品が
「ネズミさんが食べてしまわないかなあ・・・。」
とちょっと気がかりです。

そうならないことを願っています。

作るのもそれなりに大変ですけど、維持するのはとても大変なことです。
頑張ってほしいと思います。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

妻のダイエット
お盆明けのある日、珍しく、妻のお母様から私に電話があった。

お盆休みに帰ったときに、太っていたことがとても気になっていたとのこと。
それで、なんとか痩せさせたいのだが、なんとかならないか?

でも、それは、本人の覚悟次第ですからねえ。

というわけで、妻には
「普段は電話しない私に切々とお話しするぐらい、お母さんが心配しているのだから、ちゃんとやるように」
と言っておきました。

でも、昨日家に帰ってみると
クーラーのかかった部屋で、電気もつけずに足をテレビの方に向かってM字に広げ、明かりもつけずにテレビを見ている妻の姿をみてしまいました。
笑うたびに芋虫が歩くように小刻みに揺れるお腹。
そのなだらかなお腹の起伏の標高が胸の標高に近づいております。

ああ。黄泉の国へ妻を連れ戻しに行き、変わり果てた妻の姿を見たイザナギの命の気持ちが、このときよくわかりました。

新しい世界に逃げ出したいなあ。

今日、妻は美容院へ。
何でも滋賀県の友達がきているそうな。

そんなわけで、妻はちょっと綺麗になっています。

私の体重より軽くするのがダイエットの目標らしく、今日は300円のジムへ車で出かけていきました。
本当に痩せるのだろうか・・・。

毎日体重を私に申告することになっているのですがどうなることやら・・・。

やはり、お母さんが私に電話をしてきたことが効いているのかなあ。

テーマ : ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

出迎え。
朝、ベーコンエッグを作り、パンを焼いて、アイスコーヒーとヨーグルト、それにバナナをつけて、娘の部屋まで持っていきます。

小言を言わなくても、食べ物をきちんと与えると子供は起きますね。

お昼は、冷凍食品のラーメンです。
電子レンジで3分暖めた麺に凍ったスープをゴリゴリと混ぜる冷麺もどきです。

一食230円ですから、そんなに美味しくない感じですが、無器用な親父が作ったということで勘弁してもらいましょう。

「勉強しなさい」なんて一言も言わなかったけれど、ちゃんと机に向かっていました。

昨日の「菜の花」の食事の効果かなあ。

頑張ってほしいものです。

夕方ぐらいから雨が降る中、八幡浜まで妻と息子をお迎えにドライブ。
FMでは懐かしいSFものの主題歌特集みたいなのをやっていて結構面白かったです。

「月光仮面は仏教的なヒーロー」ということに改めて気付かされました。
「正義の味方」は「正義の人」では無くて、正義を行う本当の人は一般の庶民だった頃のヒーローは、太陽の光を写す月のイメージで良かったらしいのです。

今はちゃんと正義を教える人がいないという嘆かわしい状況なのかも知れません。

八幡浜までの船は結構混んでいたらしいですが、横になって眠れたみたいです。

帰りの車は、息子のipodに入っているビートルズを聴きながら、激しく降る雨の中をドライブ。

家にたどり着いて、妻のお母さんが作ってくれたお弁当をおいしく頂きました。

息子と一緒にスウィングガールズを見ました。
裏拍の感じがいまいちピンとはきていないようでしたが、楽しさは伝わったような気がします。
ガンガン吹くよりは「ムーンライトセレナーデ」のようなスローテンポの曲が好きなような感じですね。

まだ、私の前ではサックスは吹いてくれません。

まあ、いずれ、ぼちぼちと吹いてくれるようになるといいですね。

明日から、娘は学校、息子は塾が始まります。
普段のリズムを取り戻してくれたらいいなあ。

私は明日1日休んで、火曜日から仕事です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

菜の花で食事
一人ではやはり寂しいので、綺麗なお姉さんを誘ってお食事してきました。
近頃の綺麗なお姉さんと違って、茶髪にしていないのが、私のお気に入りです。
それに、ナイスバディ。

P1030370.jpg

やはり、若い娘はサラダから注文しますなあ。

P1030374.jpg

天ぷらは彼女の好物らしい。

P1030376.jpg

締めはピザで・・・。

妻には内緒です。

はい、そこのあなた。内緒なんですから、告げ口は絶対しないように。

やっぱり、このあたりでは、菜の花 がおいしいですね。

その分、お値段がお高いのがいけません。

でも、綺麗なお姉さんの満面の笑顔には勝てませんなあ。

その後、車でちょっとドライブしました。

ああ。幸せな夜だったなあ。

妻と離婚することはあっても、この娘と別れることはありません。
私が一番しんどときに、無条件に受け入れてくれたし。

妻とは元々他人ですが、この綺麗なお姉さんは私の娘ですから。

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

本日晴天
朝、妻を送って八幡浜港へ。
FM放送が届けてくれる、リムスキーコルサコフのシェラザードを聞きながら、静かなドライブ。
妻にしてみればつまらないドライブだったみたいですが、私としては、広島やらが良く見える瀬戸内海を満喫できました。

家に帰ると娘と二人っきりです。
コンビニの軽めのサンドウィッチでお昼ご飯。

人権作文のテーマを一緒に考えてあげたので、後は、清書するだけになりました。
お礼に百万円くれるそうな。

晩御飯はかまどやのお弁当にしようかなあと思ってチャリでお出かけしたのにお休み。
お盆ですから仕方ないですね。

そんなわけで、フジにお弁当を買いに行きました。

お弁当だけのつもりが、88円の飲み物かちょっとしたお菓子とかを買い込んでしまいます。
ああ。スーパーマーケットの戦略にはまってしまう自分がちょっと情けないかも。

それでも、娘が食べてくれるのでいいことにしましょう。

気持ちよく日が当たったせいで、アサガオはげんなり萎れた感じでした。
急いでお水をあげると、元気一杯葉っぱが立っていきます。
自然は正直ですね。

今日は塾があるので、娘を車で送ってあげました。
明日、娘は友達と街で遊ぶそうです。

そういえば、ずっと勉強していたものなあ。
青春したい気持ちはよくわかります。

車から降りて、塾に向かって歩く時に、ジーンズから赤いパンツが丸見え。
「パンツ見えとるで」
と声をかけると、ちゃんと直して、お尻をパンと叩いて
「ドンマイ」
ですって。

うう。変な狼に食べられないように注意してくれんと困ります。

東に石鎚が綺麗に見えていました。
P1030362.jpg

北東方向の鉄塔は高縄山かなあ。
P1030363.jpg

西に夕日が沈みます。
P1030364.jpg


今日は本当に夏らしい天気でした。
明日も晴れますように。

ああ。こういうときに、綺麗なお姉さんと知り合いだったら、いいことが沢山できるのに、相手がいないなあ。

この前の猫君、化けてでも現れてくれないかなあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今日はDVDの日
息子が妻の実家に帰ってしまって、暇なので、今日はDVDの日でした。


スウィングガールズ スタンダード・エディション

ベン・ハー 特別版(2枚組)

でした。

一度見た映画も改めに見直すといろいろ発見がありますね。

珍しく妻が家の片づけをしています。
明日実家に帰れるのがよほど嬉しいらしい。

でも、娘は家でお勉強。
娘と二人っきりで過ごす時間はそんなにないので、何かドキドキしてしまいます。

何か、美味しいものでも食べに行こうかなあ。

こんなとき、いいお店を知っていたらいいんだけど、無器用ですからねえ。
女の子には持てないわけですなあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

スウィングガールズ


息子がサックスを持ちたいと言うので、見直してみました。
楽器に触れたことの無い初心者が、ちょっとしたきっかけで、楽器を好きになり、演奏することの喜びを感じるようになる。
ちょっとした行き違いがあっても、音楽を通じて得られる幸せというのがきちんと描けています。

楽器の連取方法や、大きな音の出る楽器の演奏場所の選び方なんかちょっと参考になります。

ジャズについても感じることの大切さが描かれていて、いい感じですね。

物語の展開にいろいろ無理があったようですが、 ジャズ好きのおじさんとしては全て許せます。 かわいいおねえさんがジャズをやっているだけでOKです。 久々に元気をもらえたいい映画です。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ベンハー

人間が真剣に演技をして作り上げた本物感というか、リアルな感情表現がなされている作品です。
友情は感じつつ、お互いの立場が分かつ気持ちのズレ。
ほんの小さな出来事から大きく変わる運命。
奴隷と貴族。
ガレイ船での闘いや戦車でのレース。
復讐に燃える怒りがもたらす破壊と、許しにより得られる癒し。
たった一杯の水が物語る人と命のやりとり。
宗教と暴力。
家族愛や男女の愛。
そういったことが、一つの映画に凝縮している映画はこの映画ぐらいではないでしょうか?

この映画の凄いところはやはり多くの人の力が結集しているところだと思います。
本物の馬と人との交流。
多くのエキストラの参加。
実際に俳優が馬が引く戦車を走らせることで得られる演技を超えた臨場感が本物を感じさせます。
キリストの姿を直接写さなくても、周囲の人をきちんと描くことでその存在感を充分表現できているところは凄いですね。
そういった沢山の人の力が作り出した名作です。
アカデミー賞11部門を獲得した映画は沢山あるけれど、やはり本物に触れながら作る映画には力があると思います。

チャールトン・ヘストンは亡くなってしまいましたが、彼の演技は永遠ですね。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

サックス
妻の実家に行っている息子が「サックス」を買ってもらったらしい。

何がどう「サックス」なのかはよくわからないけれど、やっと何らかの自己表現をするアイテムを手に入れたのはいいきっかけのように思います。

文句の多い娘。
何かにつけ細かくうるさい妻。
合理的なようで、自分本位の父。

そういう家族と対抗するには、それなりの音量が必要なのかも。

でも、どこで吹くつもりなんだろ・・・。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

エミフル
息子は、妻の実家に先行して帰ってしまい、娘も今日で模試が終了。

お疲れさまということで、妻と娘と私とでエミフルへお出かけ。

娘とは久しぶりの外食だったのですが、エミフル内のお店は長蛇の列。
傘を差して大戸屋に出てみると、空いていました。
やはり、大戸屋のごはんは美味しいです。

ごはんだけで帰るのも寂しいので、105円のパンを適当に買って、洋服のお買い物。

妻はスカートを色々眺めては、似たような服をとっかえひっかえ私に見せて、かなり迷っているご様子。

「ふう。何で決められないのかなあ。」と思いながら、私が「これ」と言ったものを買いました。
私の場合は、割合と好き嫌いがはっきりしているので、迷うことは全くありません。

娘は、お気に入りの服を試着してみたようですが、
「自分の頭でイメージした服を着た自分」と「現実の鏡に写る自分」のギャップに愕然とした様子です。
白く色っぽいピチピチした太ももの太さが想像以上に大きいことが駄目だったらしく、
「やせにゃあ」
と一言。

おお。お店の鏡の力は絶大ですなあ。

そんなわけで、出費が少なくてすみました。

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

8月8日は何の日?
妻はお友達が来るそうなので、一人で時間つぶしにお出かけしました。

午前中、アクアパレットへ行くと、沢山の車が止めてあった。
何でも子供2時間が無料になるそうで、家族連れで一杯。
8月8日は何の日なのでしょう???

いつものように泳いでさっぱりした後、ユニクロで夏の家着を買いました。
お金が無いので、この頃買う服はほとんどユニクロです。

その後映画にお出かけ。
ミッキーローク良かったです。

大街道で俳句甲子園やってました。
何か、お互いの句に質問したり、感想を言ったりし合ってました。
私なんかは、そんな言い争いはどうでも良くて、感覚でどちらがいいか一瞬で決めるタイプなので、
「この暑いのにご苦労なことじゃ」
と思ってしまいます。

涼しい銀天街をチャリンコで帰りは、コミセンの図書館でまったりと本を読んで、子供が喜ぶジュースを買って帰りました。

来週月曜日会社に行けば、残りの一週間は連続してお休みです。
17日月曜日もお休みになるのが何より嬉しいなあ。

早く休みにならないかなあ。

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

レスラー


歳を重ねていくことの重さと
パフォーマンスを生身の体を犠牲にして演じることの凄さと
格闘を生業にしていることで得られる、仲間やファンとの強い絆が描かれています。

一方で、家庭人としてはどうしようもなく無器用で、一般的な仕事や生活にはどうしようもなくなじめない自分。
一般人でいたいのに、そうはさせてくれない世間。
一度得た栄光を捨てきれない自分。

家族や恋人や普通の仕事に安らぎを求めてはいても、それだけでは満たされない衝動との葛藤が描かれていました。

地方の小さな映画館で見ましたが、年配の人が多く見に着ていました。

最後は「明日のジョー」みたいに黒い背景ではなくて、白い背景にして欲しかったと思います。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

のりぴーはどこへ。
昨夜、妻と娘が
「身を隠すのならどこよ」
と聞くので
「私には自転車1台あれば、しばらく失踪できるなあ。なんならやってみようか」
と言うと
「男の人ならそうかも、でも女の人はどうよ」
と聞くので
「顔を見られないラブホテルかなあ」
と言うと
「食事はどうするのよ」
と聞く妻。
「そんなん、顔を合わんように持ってきてくれるがね。」
と地雷を踏む私。
「あやしい。何か詳しいわね。」
と妻
「いやあん。私、お父さんからそんな話し聞きたくなあい」
と引いたふりをする娘。

本当は興味があるくせにと思いながら

「いや、大○さんがそう言っていたから」
と言うと
「大○さんって誰」
と二人揃って尋問するので
「夫婦でラブホテル行ってた人」
と答えておきました。

「ほんでも、お金払うときはやっぱり誰かと顔を合わすんじゃないん。」
と食い下がる妻。
「ほんまやなあ。お金払うのどうすんやろ、今度、聞いとくわ」

というわけで、踏ん地雷は不発に終りました。
痛くも無いお腹をさわられるのはよくありません。

そんなわけで、我が家では、のりぴーさんはラブホテルに潜伏していることになっております。

しかし、この頃の夫婦は変わってますなあ。

妻の犯罪を隠すのが普通の夫なのに、夫が「妻もやってました」とか、「私のとは違う」とか言うのは何か変・・・。

そういうところの感覚が失われているようで残念です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

垣根用アーリーコールミックス
毎日水をやっていたアサガオがとうとう二階のベランダの上まで届いてしまいました。

P1030270.jpg

お花も沢山咲かせてくれています。
カメラを望遠にして、上の方に咲いた花をパチリ。
P1030273.jpg

枝芽も出てきているので、横に広がってくれるといいなあ。

P1030282.jpg

朝日のあたる東側の方向は葉っぱが大きく良く育つみたいです。

縦に3本高い蔓が伸びたので、今のところちょっとグリーンカーテンとは呼べませんが、まだまだ新芽が出てきているので、これから横に広がってくれるといいなあ。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

五色姫海浜公園
朝から気持ちよく晴れたので、またまた、五色姫海浜公園へ行きました。

考えることはみんな一緒らしく、駐車場は一杯。
係りのおばちゃんに
「あっついなあ」
と言うと、喜んでくれました。

水温は普通と言う感じですが、やはり、沖のほうで立ち泳ぎをすると、冷たい。

綺麗なお姉さん。いました。
ああ。夏はやっぱり海です。

波打ち際で濡れたぴちぴちした白い肌が揺れる様子は最高です。

でも、泳いでいる人はちょっと少なめ。
ビーチで遊んでいる人もいるのですが、タトーの入っている怖げなお兄さんもいるし。

若いお姉さんもいるのですが、言葉はかけれません。
「元は駐車場の係りのおばちゃんと一緒の人間なのになあ。」
と思いつつ、基本的に小心者ですから。
それに、息子も連れてるし。

クラゲは一匹もいないのですが、波打ち際には海草が結構ありました。

浮き輪不要の私達親子は波打ち際から、サメよけのネットのあるところまで4往復。

ここまでくると密度が低くなるので、海に浮かんでボーットしていました。

途中でお約束のカキ氷を食べて、陸に上がっている綺麗なお姉さんを眺めて、いい感じでした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

メキシコ20世紀美術
今日の日曜美術館はアイデンティティーを求めて メキシコ20世紀美術でした。
メキシコというと、荒野の7人に出てくる農民の姿しかイメージになかったのが私の実態でした。
でも、岡本太郎が壁画「明日の神話」を書いたところはメキシコだったことや、明るい色の感じの絵から考えると、かなり直接的な表現をしているように思います。

書きたい対象をバーンと書いてしまう。

それが凄いですね。

フリーダ・カーロの肖像画
kahlo58.jpg
には、涙が3っつほど書いてあります。

Wikiでフリーダ・カーロを見てみると、事故に会ったり、旦那が不倫してたり、出産に失敗したり、物凄く苦労した人でそういたことを直接画面に訴えているところが凄いと思います。

kahlo61.jpg

kahlo42.jpg
画像は
http://abcgallery.com/K/kahlo/kahlo.html
からお借りしています。

その旦那ディエゴ・リベラのほうもそれなりに頑張っていて、沢山の壁画を描いていたようです。

ホセ・クレメンテ・オロスコ「十字架を自らの手で壊すキリスト」なんて、凄いなあ。
ex048_21c_rgb150.jpg

画像は
http://www.wfu.edu/history/StudentWork/fysprojects/kmason/gallery.htm
からお借りしてます。
「スペイン人が持ってきた宗教なんて矛盾だらけだ」という言葉が直接伝わってくるようです。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

おむすびの祈り「森のイスキア」
「こんな素晴しい人がいる」という気持ちと、
「こんな人には到底なれない」という気持ちがあります。

こういう境地に達するには、やらないといけないことが多すぎるのかも知れません。
心を込めても結果があまり変わらない世の中になっているのかも知れません。


テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。