*All archives* |  *Admin*

2007/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
run
今朝、いつものように子供の背中を押していると、雨が・・・。

傘持ってない。

ってなわけで、子供には前に進むように指示をしてから、走って家まで戻る。

ほんで、傘持って、通学路を走る。

そんなに距離は無いはずなのに息切れ。

ゆっくり歩いている息子になかなか追いつけないので、イライラ。

追いついてみると、遅刻ペースなので、ちょっと強めに背中を押す。

なんとか間に合ったので、ほっとして来た道を戻る。

3日あった試験は今日でおしまい。受けてくれただけでも成果があったと考えよう。

ほんでも雨は上がっており、晴れ間まで見えて、「俺一体なにしてるんだろう」と思う。

こらから、会社かあ。

なあんか朝から疲れだけが残ってしんどいなあ。

ああ。俺、一体、何してるんだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

背中
今日は6時間授業があるらしく、今朝は息子の背中を押し続けて学校に。

横に並んで押すと疲れるので、左斜め後ろを歩いて、右腕をまっすぐにして押せばそれほど疲れないことがわかった。

行きたくない気持ちが息子の背中から私の指先を通して伝わってくる。

それと同じ強さより、少し強めに押す。

そうしているうちにいつもより早く学校へついてしまった。

15M手前から、押すことを止めても、他の生徒の流れに乗って学校へ。

休み時間は、机にうつ伏せで寝ているらしい。
それを起こしにくる友達もいるようなのだが、
「よけても、よけても、ザクマシンガンがコクピットに直撃する感じ」

と言うのです。

そして、
「今日の都合で魂を売った人々の決定など、 明日にでも崩れるものさ。」
と嘯くのでした。

うーん。好きなんだなガンダム。
特にシャーの台詞はきちんと覚えているみたいで、困ります。

「まだだ、まだ終わらんよ。」

等、気に入っているようです。

うーん。早く終わりにしてくれないかなあ。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

15M
今朝は、息子の前を私が歩くだけで学校へ行ってくれた。
いつもは、校門の扉の前まで一緒に行くのだけれど、今日は15Mほど手前で止まって様子を見た。

息子は一人で歩いて、学校へ入っていった。

行った同じ道をただ戻るのに、見える景色は全く違う。

日陰でひっそり咲くドクダミの花。

赤紫の紫陽花。

心を和ませる草花が帰り道では目の中に入ってくるのに、登校するときには、見えていない。

登校時の通学路は集団登校する小学生でにぎやかで、交差点ではPTAの当番の人が旗を持って、車を止めたりしてくれる。

そういうおばさんやおじさんとも顔見知りになってしまった。

息子が一人で、紫陽花を眺めながら登校するのはいつの日だろう。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

荷物
今朝、息子を学校へ連れて行く。
肩に手を回して、押さないと進んでくれない。

そんなこんなで、へとへとになりながらも出張。

情報処理技術者試験もおしいところで不合格。







もしかすると、今日と明日で出張生活も終わるので、荷作りしてます。

不要なものを捨ててるだけですが・・・。

1年半いた思い出の部屋とももうすぐお別れ。











まさか、こんなに長期間ここにお世話になるとも思えなかった。

そして、息子の不登校が原因でお別れになるとも思わなかった。














そして、明日は誕生日。

四捨五入すると50歳になります。
まあ、私は120歳までは生きるはずなので、人生の半分も終わっていません。

苦しみのない人生に楽しみはやってきません。

これから、きっといい何かが起こる筈なので、いつものようにに、こにここしながら待っていましょう。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

カウンセリング
今日は、遅刻せずに息子は学校へ行ってくれました。
制服を着せたりしましたが、朝ごはんのコーンフレークは食べてくれた。
母親が納得して、きちんと段取りをしたのがよかったのか、息子の元気が出てきたのかよくわかりませんが、2週間ぶりに自分の足で学校へ行ったのですから、喜ぶべきことです。

久しぶりにカウンセリングを受けて来ました。

やはり、自分と向きあうのは疲れます。
息子に対する私の見立てはそんなに悪く無く、息子に対する対応方法も適切だったようです。
あれほど私の言うことを聞かなかった妻も、さすがに子供が学校にいかなくなるかも知れないというプレッシャーには勝てないのか、旦那がいるだけで安心したのか、よくわかりませんが、素直に言うことを聞く様になりました。

カウンセラー曰く、
「うまくいっても、途中でやめたら駄目」


なるほど・・・。



まだまだこの生活はしばらく続けないといけないみたいです。




ああ。しんど。
家にいてもいろいろ気を配ると疲れますなあ。
でも、人肌の温もりのあるお布団はやっぱりいいですなあ。




振り返ると、出張してトラブッタと戦っているほうがよほど楽だったかもと思います。
一度やっつけたトラブッタは同じ原因では二度と現れませんが、今日子供が学校に行ったからといって、明日も行くという保障はどこにもないですもの。


午後から、会社に出ようとも思ったけれど、私も少しエネルギー切れ。


こういうときは、妻と一緒にお昼寝が一番。


子供が帰ってくるまでの一時休憩。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

活動限界
日曜日は息子と卓球。

私のレベルに合わせるのが大変。
と息子は申しておりましたが、うーん。まあ。こんなもんじゃないかなあ。

あけて、月曜日。

朝起きて、息子を起こして学校にいかそうとすると、もう、表情がどんより。

着替えをさせて、でも、鞄は持とうとしない。

内部電源を使い果たしたエヴァンゲリオンって感じで、休日とは別人。別人と言うより魂の抜け殻のような感じを私は受けました。
口は半開きで、視線が定まらない。

遅刻の連絡を学校に入れて、私と息子で一緒に歩いて学校まで行きました。

車だと、乗せていっても、降りないけれど、一緒に歩くと、学校に入りやすいですもの。

私が先に歩いてやると、ちゃんとついてくるけれど振り返って止まると息子も止まってしまいます。

それでも、歩くと、自然に視線は安定して、普通の表情になっているので私としては少し安心です。

途中でサブ鞄を持ってやり、なんとか校門へ。

「ここからは一人で行けるかな?」
と尋ねると。
うなずくので、そのまま見送ることにしました。

学校まで見送った後、飛行機に乗って東京出張。
やらないといけない仕事があったのです。

でも、上司に事情を話して、明日から帰ることにしました。

家族と楽しく生活するために仕事があるのですから。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お散歩
月、火、水と集団宿泊訓練に行っていた息子が、木曜日には学校に行かず、金曜日は朝無理やり妻が学校に車で連れて行っても授業は受けず、相談室で先生とにらめっこをしていた。
金曜日のお昼過ぎに学校に行ってみると、5時限目の授業には出ると言っていたらしいので、相談室から息子を見送って、そのまま先生と面談。
担任の先生は話を聞こうとしてくれたらしいのだが、単にうなずくだけの息子に2時間も付き合ったらしい。

やれやれ、困ったなあ。

2時間もそういう交流を続けるとさぞかし疲れるだろう。大人でも疲れるのだから、立場の弱い息子はかなりしんどいはず。
担任の先生は「人間関係ができていないから話してくれない。」と言うのだけれど、少し隙を見せてあげないと疲れるだけのような気がする。

たったこれだけのエピソードで、息子は「しんどい」とか「辛い」とかを適切に言えないことがよくわかります。

それがかなり問題のような気がする。

6時限目まで授業があったので、一旦家に帰って、着替えて息子のお迎えに行くことにしました。

妻は「車で行ったら」と言うのだけれど、一緒に歩くといろいろなことが分かるので、あえて徒歩で・・・。

「子供には徒歩で通学させるのに、親が楽してどないするん。」
ってのが私の考えです。

歩いてお迎えをしたら、息子はどうもしんどそう。
どうも足が筋肉痛と靴擦れで痛いらしい。
「そういうことを一言も言わずに頑張っているところが凄いと思う。けれど、それでは、かなりしんどいと思うけどどう?」
と言うと。
「うーん。」と生半可な返事が・・・。

そういうことがあったので今日(土曜日)はクラブ(卓球)はお休み。
(昨日の晩は行くつもりだったらしいが、朝起きなかった。)
きちんと「足が痛くて今日はクラブは嫌だ」とでも言えたら周りもやきもきしないのにと思ったが、まだまだそこまで言えるようになるには時間がかかるかも。

またまた、妻が「近くの武道館で卓球ができるらしいので行ってみたら」といらんことをおっしゃる。
あんまりしつこく言うので、息子もしぶしぶ行くことになった。

やっぱり歩いて行くことにした。
武道館に着くと、運良く総体で卓球はできないことが判明。
やっぱり足が痛いと言うので、目標をちょいと変更して、ユニクロでお買い物+book offで立ち読み+吉野家の牛丼+スーパーでお買い物をしてきました。

だいたい、歩くのもしんどいのにスポーツしようというのがそもそもの考え違いのような気もするが、そういうことに自分が気付いて自分で判断できるようになるには様々な経験が必要なのかも。

言えないことが頭でちゃんとわかっていながら、言えないのは気持ちの面で何かがあるから。

それとどのように向きあうのかが彼の成長課題になると親は勝手に思っていますが、どう転ぶかはわかりません。

一緒に歩いてみないと、わからないことは山ほどありました。

そういう時間が取れないのが、とても残念に思えて仕方がないですなあ。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。