*All archives* |  *Admin*

2007/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機に乗れず・・・。
今日は、仕事が長引いて、飛行機には乗れず・・・。

でも、仕事の仲間と飲み会ができました。

金曜日の夜に東京にいるのは滅多にないので、たまには、こういうのがあっていいかなあ。

仕事が長引いて、帰れないことを妻に電話したら、ビルの音楽が聞こえたらしく、「音楽が聞こえるけど・・・。」と言われ「ぎくっ」としてしまいました。

お客様のビルは廊下でバックグランドミュージックが流れているのです。

でも、妻は大きな疑惑を持ったみたいで、帰るのがちょっと怖いなあ。

明日は、暇なので、ぶらぶらしますか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

でけた。でけた。
今日は何気なく他の人のやるマシン作業をただ眺めているだけのはずだったのですが、それではもったいないので、あれやこれやしているうちに・・・。

「あれえ。確かに2号機はOKだけど1号機はどうなっとん。」
と虫の知らせが・・・。

ちょろっと1号機も同じ設定にして、1号機で起動すると「ぱんぱかぱん。」とちゃんと起動できておるではないですか。
それに、2号機で起こっていた障害が起きない。

「けへへへ。」
とわけのわからない薄ら笑いしながら、ほれなら、2号機に戻したらどうなるん。
てなことで、試してみたら、2号機側の問題は全然解決されておらず、まあ、1号機だけでも動くようになったので半歩前進かなあ。
などと思っていると、別会社の詳しい人がやってきて、ちょこちょこっと内部のテーブルを見たかなあと思ったら、わりとあっさりと原因が判明。

「ほんじゃあ昔やっていた人にこのへんどうやったのか聞いてみるか」と電話をすると、マニュアルのありかを教えてくれたので、「ほんじゃあ持ってきてもらうかあ」ってことになり、適当に手順をすっぽかして、マニュアルにあったとおりのコマンドを投入し、再起動してみると、1号機と同じように動くではないですか・・・。

ってなわけで、でけた。でけた。と言いながら引き上げてきました。

えっと。トラブル解決したら、誰かとお酒を飲む約束をしたような感じなんだけど、昨日もう飲んでしまっているから、ええかなあ。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

不都合な真実
娘はバレエの練習。
妻はオペラの練習。
息子はB型インフルエンザでゲーム&テレビ

ってなわけで、お父さんの出番はあまりなく、久しぶりに映画を見ることに。


「不都合な真実」ではゴアさんは温和で暖かい人柄が伝わってきました。きっと、映画を作る前に何度も各地で講演をしてきたのだと思います。プレゼンテーションがとても自然でわかりやすいので、安心して聴けました。
難しいことをわかりやすく説明できる能力がある人は、本当に実力のあるに人すね。
環境を守るために様々な努力をしている人に敬意を払いたいと思います。

映画の中のゴアさんの生活のなかで「子供の事故で人生の優先順位が変わった」ということがずしりときました。

私も「仕事よりも自分の健康」というふうに優先順位は変えたはずでしたが、もう少し「職場の仲間の健康のためにできる何かをみつけていく」ように見直す必要があるようです。
自分が誰かの肩代わりをして仕事の量を減らすというのではなく、みんなが安心して仕事ができる環境を作るには何ができるかを考えないといけませんね。
しかしながら、仕事は納期までに高い品質で仕上げる必要があるので、そちらともちゃんと折り合いをつけないといけませんなあ。

まあ、できるところから少しずつ・・・。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

何をやってもだめな日
381761815_96.jpg
いろいろやってみたけれど、

どんどんわけのわからんことが発覚し、

やれば、やるほど、タメイキが増える、そんな感じの日でした。

そういうときは好きな絵でも見てましょう。

やっぱり受胎告知はレオナルドよりもHenry Ossawa Tannerが描いた方が私は好きです。

天使様は光になってしまい、マリア様が「そのようなこと言われても、ちょっと困ります」といったような人として当然持つような、困惑と不安な表情をしているこの絵の方が気持ちが落ち着きますなあ。

人間は不安があるのが当然。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プランB
380269508_8.jpg
東京国立博物館でレオナルド・ダ・ヴィンチを見てまいりました。
せっかく東京に来ているのですからそこでしか見れないものをみないといけないなあ。

上野駅から歩いてくる人の話を聴いてみると、今日の人出は多いとのこと。そんなものかなあ。と思いながら受胎告知とご対面。暗いのと、人が多いので、あまりじっくりは見れなかったのですが本物に出会えたことはとても大切です。
でも「この一枚でおしまい??1500円って高いなあ」と思っていると、別館で様々な展示がありました。博物館の中で座って休みました。まあゆっくりしましょう。

国立博物館は前にも来たことがあったので、西郷隆盛さんの銅像を見ました。実物はやっぱり大きいなあ。途中、花は咲いていないのに昼間から公園でお花見している人たちがいました。
よくよく見ると、ちょっと花が咲いていたので、やっぱりお花見なんですね。

そして秋葉原に・・・。

休日の秋葉原はやっぱりにぎやかです。

写真撮影に応えているメイドさんもしっかり目に焼きつけ、多分顔は緩みっぱなしだったように思います。こういうところは妻や娘には見せられないので、とってもいいストレス解消になりました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

お休み
東京でのお休みです。

えっと、どこ行こうかなあ。

第一案
 東京ディズニーランド
  でもひとりじゃなあ。。。

プランB
 東京国立博物館でレオナルド・ダ・ヴィンチ
 でも見ますか。

休日の秋葉原も見たいし。

お台場なんていいところなのかなあ。
船の博物館もあるしなあ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

残念
娘が公立高校の試験に落ちたことがわかりました。

うー。残念。

家に電話しようと思いつつ、かける言葉がみつかりません。

それから、毎月の学費+3万円也をどのように工面するかも算段しないといけません。

★えっと。
まず、出張のお土産は無し。
1000円×4回=4000円。

残り、2万6000円。

うーん。

★携帯の使用料は娘がバイトして稼ぐ。

それはかわいそう。

★宝くじを真剣に買う。

今までも、十分真剣だったが、1億とか2億とか贅沢は言いません。
100万円でいい。ぜひとも欲しい。

お酒もタバコも全然やっていないので、もう、節約するものが無いなあ。

ふー。
★やっぱり実家に頼るか。

★いやいや、そうそう、「妻を働かせる」ってのがある。

そうだ。その手がある。

いやいや、いけない。
妻にお仕事させるよりも息子のほうがよっぽどしっかり世間に役立つことを考えると(息子はもうすぐ中学生)やはり、世間のために妻は家の中にいたほうが良いのでは・・・。

そうだ。
今まで、塾に行っていたお金は要らなくなるので、チャラになるのでは・・・。

でも、「大学行く」って言ったらどうする。
行くとなるとどう考えても私立だなあ。


・・・・。


えっと・・・。

仕方が無い。借金生活かあ。
家のローンを払っている銀行が手薬煉引いて待っているみたいだし。















ああ。

綺麗なお姉さんに囲まれた、楽しい夢がみたい。

みたいなあ。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

結婚記念日
今日は結婚記念日です。

えーと。結婚生活16年ですか。

息子が熱を出したので、日曜日に開いている病院につれていくことになりました。妻が病院の場所を聞き出したのですが、よくわかっていないので、もう一度私が聞くことに・・・。

妻の道わからない病は16年も同じパターンなので慣れましたが、毎回毎回おなじような展開なので疲れます。

それで行った小児科がラブホテル街の真ん中にあるのには驚きました。
結局B型インフルエンザだったので、お医者さんが「タミフル使いますか」と聞きました。特に急いで治す必要もないので「使いません」ということにしました。
薬をもらって、息子の好きな飲み物やら食べ物を買い出して、家ですごしております。

もう、16年も経つと結婚記念日だからという特別な行事はお互い意識しません。でも、月日の流れを再確認するいいきっかけにしてます。

テーマ : 夫婦生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

法句経講義


私の父が2歳のときに出版された本です。

でも、仏教の本質をきちんとわかりやすく書いてある本です。

今でも新鮮な感覚で読める本です。第二次世界大戦前と後でも日本人の営みは本質的には変わっていないように思います。でも、核家族化がこうも進み人と人とのつながりが希薄になってきている今日では、このようなわかりやすい本が必要になってきたような気がします。

第一講の「うらみは熄む」から始まっているところが凄いところで、「怒らないこと」から「心は病気」と続くアルボムッレ・スマナサーラの著書の組み立て方に似ています。
よくよく考えたら法句経講義の方が先に出版されているので、こちらのほうが先見性があるようにも思います。
ただ、まず困っている人の痛みを取り除いてから、様々な説明を始めるという仏教の本筋からいけば、怒りの感情を処理することが第一優先なので、両者ともに同じアプローチになるのが自然なのかも知れません。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

病院で
今日は、高尿酸値血症のお薬をもらいに病院へ行ってきました。

待ち合わせの時間は暇なので、ボーッとしているのですが、出張しているホテルから通勤するときの満員電車の光景を思い出しました。

いつも電車は鮨詰めというほど超混んでいるというわけではないのですが、何処かの駅で乗り込んできた、おばさんが、ドアの近くで一言。
「混んでいるのだから、奥に詰めてもいいでしょ!」
ほとんど般若のような表情で叫びました。
そして、周りの人に肘鉄をくらわそうとするのです。
(でも、込んでいるので体は思うように動かなくてほとんど効果はありません。)
そうすると、おばさんの近くの若者が
「ああ、のど乾いた、降りて飲み物飲みたい」
と言ったのです。

それを聞いていた私はもううんざり。

日本人の交流はこれほどすさんできたのか。

そして、考えるのは、
「・・・だから」の後に続く言葉の身勝手さです。

「混んでいるから、奥に詰めてもいいでしょう。」
確かにそのおばさんから見たらそうしてくれることが当然のように思えるでしょう。
でも、乗っている私達から見ると
「混んでいるから、詰められない事情もご理解下さい。」
なのですね。

同じ「混んでいる」状態なのに、人の立場や受け取り方や考え方によって、その後の言葉は全然違ったものになります。

私がそのおばさんにかけてあげる言葉は
「混んでいて、奥につめて欲しいとおもうけど、それが思うようにいかなくて、イライラしているのですね。でも、混んでいて、奥に詰められない事情もご理解していただけると嬉しいです。」
なのですが・・・。

若者に代表される言葉も、身勝手で、的外れで、もうどうしようもない。

きっと苦し紛れに出た言葉なんでしょうが、肘鉄を食らわされたぐらいでは済まない言葉ってことがどうも本人にはわかっていないようです。

唯一救いがあるとすれば、「みんな身勝手に生きていること」を暗に怒っているおばさんに教えてあげることができたということぐらいでしょうか?

緊張状態が続いたまま、それでも電車は進み、おばさんが降りたところで、緊張が解け、若者もいなくなり、私は席に座れて、どういうわけか、立っている女の子と視線があって、にっこり笑えたところまで思い出すと・・・。

私の名前を呼ぶお姉さんがいて、やっと病院にいることが意識の中に戻ってきました。

人の立場になって考えるってことができないと世の中すさんできますなあ。

困ったものです。

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

心は病気―役立つ初期仏教法話〈2〉


人はとてもいい加減な心に支配されて生きています。

心に従ってばかりではとんでもないことになってしまいます。
かといって、心を押さえつけていてもいけません。

心の働きを理解しながら、それを超えないといけない状況になったときに、多くのヒントをこの本から頂きました。
やり場のない怒りを感じたときに、丁度読んでいた本がこれでした。この本があったから、あまり大きな過ちをせずに済んだとさえ思います。

心の問題で悩みを抱える人に読んでもらいたいと思います。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

気分転換
今日は息子を連れて気分転換。

時計を買いました。

いつも使っている時計は、私が大学に入学するときに、高校しか卒業していない父が買ってくれたダイバーウォッチです。

そういう思いがある時計ですので肌身離さず使ってきたのですが、さすがに二十年以上経つと、防水も効かなくなったし、若い頃は荒い使い方をしたので、時針がちょっとした衝撃で動くようになってしまいました。

一応、修理には出して、治してもらったのですが、そろそろ持ち運ぶのはどうかなあ。と思っていたのです。

そんなわけで、お気に入りになる時計を探しに街に出かけるのですが、なかなか自分にふさわしい時計というのはみつかりませんね。

やっぱり、個性的なデザインのものもよさそうですし、機械好きの私としては、結構ゴチャゴチャ針のついたいじりまわしたくなるような時計も好きです。
丈夫で長持ちって感じのダイバーウォッチもいいですね。

ただ、私は、どうしても、金属のバンドに毛をむしられるのだけ嫌です。

街の時計屋を見て回って時計屋の人たちと話してみていくうちに、私が腕時計に求めることは、「時間をみたいときに、チラッと見ただけで安心したい。」ってことらしいということが、なんとなくわかりました。

「それで、安くって、薄くって、電波時計で、いろいろ針がついていて、丈夫で壊れない・・・なんて父さんの言うような時計なんかこの世の中には無いなあ」

と息子が言います。

この息子は誰に似たのかわかりませんが、かなり核心的な的をずばりと突くので、「そうやなあ。」と私は納得。

結局、どこにでもあるような、革のバンドで文字盤に数字あるちょっと薄目の時計になりました。

家に持って帰って妻にみせると一言
「じじ臭い時計」

若者の元気もないですが、やはりシンプル・イズ・ベストと言う事で、自分としては今一番のお気に入りです。

エコドライブなので電池の交換は不要らしいのですが、光には当てないといけないらしく、光の当たる生活を目指しましょうかねえ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

早めに帰ってきました。
やはり、いつもより疲れてますなあ。

じわじわと悲しみが効いてきているのかも。


誰もおまじないを教えてくれないので、いい夢は見られず、とほほでございます。

そういえば、この頃、「夢」なんて見てないような気がします。

熟睡できているのか、夢を見る余裕も無いのかよくわかりません。
でも、サルバドール・ダリのように無理に夢を見る必要もないので、しばらく待っていましょうか・・・。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

うーん疲れた。
やれやれ、12時間も商用マシンの作業をしてしまいました。

スリルとサスペンスの連続で、ヒヤヒヤ、ドキドキです。

最後のほうはヘロヘロでミスをしそうでいけません。

セキュリティの厳しいところなので、最後の2時間は監禁状態だったしなあ。

ほんでも、よく考えたら、今日はキーボードあんまり触ってないのです。

基本的に仕事してないってことだっけ???

いやいや、苦し紛れに何かしたはずで、あんまりひどい目にはあっていないみたいだから、きっと大丈夫。

明日のために今日は寝ます。

寝ますとも。

できれば、綺麗なお姉さんに囲まれた、幸せな夢をみたいのだけど、そういう夢が自然に見れる、「おまじない」はないかなあ。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

とても長い1日でした。
実は金曜日の朝、私の職場の同僚が亡くなってしまったのです。

木曜の帰り際に、かなり疲れた様子で帰ったので、声をかけて、相当心配していたのですが、悪い予感が当たり、帰らぬ人となってしまったのです。

「もっと、何かできたはず」と思うのは私の高慢な欲のせいだとわかっていながら、残念でたまりません。

金曜日の午前中に私を含めた一部の人には状況が知らされていたのですが、死因等がはっきりするまで、職場の人たちに知らせることはできませんでした。

そういうわけで、月曜日は朝一の飛行機に飛び乗って、職場に戻ってきたのです。

月曜の朝にみんなに周知されるからです。

知らせを聞いた後、気丈に振舞っていた担当者が外に行ったまま帰ってこなくなり、私は扉の外で待っていました。

トイレで泣いていたようでしたが、私を見るなり泣き崩れ、それから、彼女が泣くのを階段や、ビルの外の陽だまりで、ただひたすら傾聴です。

「人が亡くなって、誰も泣かない」なんて職場は人間の職場では無い。常々そう思ってはいましたが、この頃の職場では、そういう光景は見られないのも、とても寂しい限りです。

彼女は午前中はずっと泣き続けていたのですが、公園でお弁当を一緒に食べ、机に飾るお花を買って、葬儀に行った人の帰りを待っているころには、少し落ち着きを取り戻してきました。

明日やるはずだった、彼女の仕事を引き受けて、明日の準備を終えて、ホテルに戻りました。

遅い晩御飯を食べ、いつもの果物を買出しして、やっと落ち着いたところです。

今日ぐらい、一生懸命、人の話を聴いた日はないです。
そして、働くことの意味や、人の命のはかなさを考え直した日はありません。

月曜日はいつも青葉でラーメン。

諸行無常、諸法無我の世の中ですが、変わらないものがあると安心しますね。



人は誰でも自分の幸せを最優先に考えます。
そして、少し余裕ができれば、身近な人が幸せになるように考えます。

でも、この考えでは本当の幸せにはなれません。

なぜだか、わかりますか?

自分の幸せを願うことは、他人や自分を嫌いな人を分けて考えることだからです。

「自分たちは、楽に仕事をして、利益を上げて」と考える間は、「幸福を願いながらも、実は競争を是認し、働きすぎる世の中に拍車をかけていること」に気づいていないことになります。

私を嫌いな人を含めた、全ての人の幸せを願わない限り、世の中はちっとも良くなりません。

できれば、苦しんで、亡くなる人を減らしたい。
突然の死を受け入れなければならない人をできるだけ少なくしたい。

心からそう祈っています。

実現するには、「自分だけ」とか「自分の仲間だけ」なんて思ってはいけない。
神様や仏様の領域に近づかないと無理みたいです。
どのくらい、近づけるか全くわかりませんが、できるだけ、近づく努力をしましょうか。

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

乱れ
いつものように泳ぎに行きました。

体は正直で、心が乱れているときは、泳ぎも荒れますなあ。
ゆっくり大きくが基本なのですが、いつしかオーバーペース気味。
ってなわけで、エネルギーを開放するため、少し荒っぽく泳いだ後で、普段泳がない平泳ぎに切り替え。
(いつも泳いでいるのはクロールです。)

本当はこの後、背泳ぎにするはずだったのに、ボーッと考え事をしていて、いつも50分ぐらいで出ているのに、プールの使用時間を時間超過してしまいました。
(5,6分ぐらいの時間超過では追加料金がかからないのには助かりました。)

何をどう考えているのかは、月曜の夜に書くことにします。

3/9の日記でご心配をかけているようですが、多分明日になったら、少し詳しく書けると思います。

明日のお楽しみということで、勘弁して下さいませ。

テーマ : 水泳
ジャンル : スポーツ

無力
私はとても無力な存在であることが心に染みてわかった。

結局、何もできなかった。


テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

明日は
娘の公立高校の受験日です。

今、娘と電話で話をしました。

体は元気そうだったので、ちょっと安心しています。

D判定が出てから、娘は一生懸命勉強していたので、何とか希望をかなえてあげたいと思います。

親と言うのはなかなか冷静にはなれませんね。

今は、家から遠く離れているので、祈ることしかできません。

「合格させてください」とは言いません。

娘が持っている力が十分だせますように・・・。

テーマ : 高校受験
ジャンル : 学校・教育

火曜日
朝、珍しく、電車が混んでいた。
よくわからんけれど、信号が止まっていたらしい。
どういうわけか前後左右が全て女性という幸運に恵まれたのはよかったけれど、一駅止まる毎に網棚に置いた荷物を引きずるように、電車の中ほどに押されてしまう。

それでも、身動きできないよりはましかなあ。と思いつつ、ちゃんと会社へ出てこれました。

暑い日の後、急に寒くなったせいか、体調不良で休む人が多く、ちょっと心配。

私も先週ダウンしてしまったので、人のことは言えませんが、やっぱり規則正しい生活は大事です。

例年なら、3月中旬に寒さが戻ってくるので、春らしくなるのはもう少し経たないと駄目かなあ。

さて、動物のお医者さんが2巻目に突入です。

一気に沢山読むともったいないので、ちょっと読んで眠くなったら寝てしまうという生活。
こういう生活はなかなか優雅な感じでいいですなあ。

と思っていたのですが、4月に受ける情報処理技術者試験の勉強もそろそろ始めなきゃ・・・。

論文書かないといけないし、一年前のことはすっかり忘れているし、やること満載でございます。

でも、今日と明日は、商用作業に向けて、十分な休養を取るつもり・・・。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

月曜日
なんとなく、昼夜逆転がなおらないまま、飛行機に乗って会社へきました。

春の嵐が吹いていました。

ほんで、ボーっとしたい気持ちに全く関係なく、先週やらかした作業の後しまつをつけていたら、なんとなくお仕事が終わって、今、ホテルにいます。

今週は、とうとう長女が公立高校受験の週です。
祈ることしか私にはできないのですが、頑張って欲しいなあ。

明日はどんな風が吹くのやら・・・。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

起動不可。
今日はなんか凄い夢をみた。

いつも、7:30に鳴る、PHSのアラームが遠くで聞こえたかなあと思って、でも、ほったらかしていたので気になって見てみると、朝の8:30。頭がガンガンするので、上司に電話して、今日はダウンってなことになった。

そして起きてみると、どういうわけか自分の家に戻っていて、いつものように娘が寝ていて、「あれ、どんなふうに家に帰ったんだろう」といぶかしく思っていたけど、安心してもう一寝入りしようと思い眠った。

そしたら、PHSが鳴って、それがどういうわけかホテルで、それも今日の打ち合わせの話の電話で「うーん。ダウン」の一言でわかってくれる人がいて、時計をみたら10:30。

どうも、夢の中で、一旦、家に帰っていたらしい。

思いっきり現実に引き戻された感じだったけど、それから重い体引きずって、昼過ぎの飛行機乗って、家に帰ってまいりました。

妻に迎えにきてもらい、家に帰るなり、ふとん敷いて寝てました。
そうとう凄い、いびきだったらしい。

そんなわけで、目が覚めて、今、日記を書いています。

だんだん、夜更かしができなくなってきてます。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

ちょっと遅めに帰ってきました。
思ったとうりに、トラブル続出。

何が原因だかよくわからないけど、宿題が一つ増えたことには代わりが無い。

困ったなあ。

テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
02 ≪│2007/03│≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。