*All archives* |  *Admin*

2007/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どろろ
今日は映画を見てきました。
PG-12ですが息子と一緒に行きました。

原作の方がやっぱり良かったですね。
柴咲コウが演じるどろろにはかなり無理があるような気がします。
どろろはちょこまか動く子供でなくては面白くありません。

確かにCGはすごく、妖怪などの描写はいいのですが、演じている脇役がいけません。戦国時代を模して作られているのにもかかわらず、ブラとパンツで踊っているのは頂けないし、口減らしをするほど生活に困っている親がふっくらした体型ではダメです。なんか構造上無理があるお城も出てきてちょっとげんなりしました。百鬼丸も義手、義足だった原作のほうがバイオまがいの体に比べて、やはりリアリティがありました。取り回しの難しい長い刀など妖怪退治には不要のはずでそれを持って新たな旅をするのもなんとなく変ですね。

なんてことは、まあどうでもよく、映画の本筋はよく考えてあったように思います。
日本では珍しく西洋の父性に近い父親が出てきます。目的のためには手段を選ばず何事も切り捨てていくタイプの人物は日本ではあまり見受けられません。
その父性と百鬼丸を含む子供たちとの関係が後半の主軸になっています。
揺れる気持ちに揺さぶりをかける妖怪なんかは実によくできていました。

妖怪は人の醜い一面を外在化させて写してくれます。
妖怪が象徴する醜い部分を倒し本来の自分の肉体を取り戻す生き方というのは、一見現代の生き方には無縁なように思えます。ですが、実は現代の生き方のほうが難しいですね。醜い妖怪は人の中に住んでいてなかなかその実態をあらわさないし、その妖怪に振り回されていることを本人は気が付かない場合が多いですから・・・。

妖怪がいるとする世の中のほうが楽に生きられるかも知れません。
今mixi妖怪に取り憑かれて、家族を忘れて日記を書いている。
ってな具合だと、自分を傷つけずにすみますね。
何でも自分で選び、その選択に責任をとらないといけないとなると世の中窮屈でしょうがないです。

原作者の手塚治虫さんとは生前握手をしたことがあります。(尼崎のサイン会でお会いしたときです。)ものすごく柔らかな手をしていたのが印象的でした。そしてその手が工作機械のように正確で早く作品を書き上げることにもびっくりしました。
サイン会のときに大きな紙にあっという間に火の鳥を書き上げてしまうのには本当に驚いたのを覚えています。

良い作品というのは、時代を超えて普遍性を持って後の世に受け継がれていきます。たぶん「どろろ」という映画は忘れ去られても、原作の「どろろ」は後々まで残るような気がします。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

帰ってきました。
飛行機に揺られて帰ってきました。

ちょっと揺れたので気分が良くないのですが、やっぱり家は落ち着きます。

日記は休日に限り書くことにします。

出張している間は、地元にいる同僚や、出張先の仲間がみんな見ることができる外部のブログを書いているので、そちらを見てください。
http://d.hatena.ne.jp/singleroom/
です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

はじめまして
初めて参加しました。
初めての世界なのでわからないことも多いと思いますが、よろしくお願いします。

トップページの絵は、東京出張のときに偶然上野の美術館でやっていたウジェーヌ・カリエールの「『夢想』のための習作」です。私としてはかなり気に入っている絵なので当面の間は飾っておきたいと思っています。夢想のための習作

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

watasitotaiwa

Author:watasitotaiwa
もともとmixiに書いていた日記なのですが、見たいという人がいるので、こちらに転記してます。

2011年10月から東京へ単身赴任していたのですが、今は戻ることができました。

妻一人、一匹200円以下の熱帯魚多数(といっても60cm水槽に入る程度)と神戸の大学に行った娘と広島の大学に行った息子を養っております。

IT関連の仕事をしています。
体力勝負の職場ですが、徹夜の勤務が無くなったので、ちょっと安心。

単身赴任から戻ってきて、子供たちはそれぞれの大学に通い始め、家には妻と二人っきりになっています。
本来の自分の生活をぼちぼち取り戻そうかと考えております。

心の病になったことを逆手にとって、心のあり方をさぐるようになりました。
産業カウンセラー養成講座に関わったことが、私の人生を大きく変えたような気がしてます。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/ramirezi/

私は現役のSEなので、カウンセラーを職業にできる立場にはいません。
ですが、カウンセリングの勉強は自分の人間成長に大きく役立ちます。

良い人間関係を作ることが、人として生きるうえで何よりの幸せではないかと思います。
このブログでそういう出会いがあればいいと思います。

カレンダー(月別)
12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今日はどんな日?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧

羽根楽譜

子供向けyoutube動画を紹介
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
特別キャンペーン(服&ファッション小物) のローテーションバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。